2006/06/24

蕎麦

何を隠そう、大の蕎麦党である。

この辺にあまり食べにいく場所が無いのが残念だ。

結構、若い頃から、一人で食べに行くのが好きだった。

東京に住んでいる頃は、休日の昼食時を避けた前後の時間に、よく近所の蕎麦屋に行った。
まずは、ビールとおしんこ。
そのお店の蕎麦の出来栄えが想像できるぐらい、おしんこの味は大きく違う。
蕎麦屋はやっぱり「糠漬け」に限る。
漬けものといっても数時間で味が変化してしまう程デリケートな代物だ。
そして、おもむろに「もりそば」を注文する。
一気にすすって、蕎麦湯で後味を楽しむ。
休日のささやかな贅沢気分だった。

名の知れた蕎麦屋に行ったときは・・・・・・・

仕事・仕事
スポンサーサイト
2006/06/24

蕎麦2

(6/24のつづき)
名の知れた蕎麦屋の場合は、

=名の知れた蕎麦屋=
 たいがい昼時しかやっていないし、昼時にしか行ったことがないが、
 やはり、まずは、おしんこだ。
 そして、日本酒、徳利に入った常温酒。
 なぜか、常温酒が似合う。
 「神田の○」なんかは、それに、あんこのつまみが付いてくる。
 なぜ、日本酒なのかというと、
 本命の蕎麦は、「もり」だが、
 お酒のツマにトッピングをいただく。
 てんぷら
 かきあげ
 にしん
 ・
 ・
 日本酒が似合う。

ラーメン同様、蕎麦もそれなりにおもしろい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。