2007/02/27

建築バイブル

世界遺産ずいてしまっていますが、
今でもアイデアに行き詰まったり気分転換をしたくなったときに、
引っ張りだして眺める建築本があります。

07.02.25-05.jpg =小さな森の家=
 
 吉村順三設計の「軽井沢の山荘」
 4間四方(7.28m×7.28m)の正方形の小さな山荘。
 ちなみに、軽井沢といっても長野県のです。

この別荘に込められたさまざまな思いがもやもやを癒してくれます。 
あいにく、室内の写真はありませんが、
けんちく激写資料室」さんに美しい外観写真があります。
派手さは全くといっていいほど無いのに、
まわりの風景とのかかわりかたや、
居心地の考え方、納まりかた、ボリューム、
ただただ、ため息がでるほどの執念が感じ取れます。

こんなすさまじい家を設計してみたいものです。

97.11.23.jpg 恥ずかしながら’97年のスナップ。
 ミーハーにも記念撮影してしまいました。
 いわゆる不法侵入でしょうか?
 硬いことは言わないでください。
 時効にしてください。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。