2008/08/29

透明な音楽

エストニアの アルボ・ペルト(Arvo Pärt )
シンプル極まりない音楽。

同じ熱心な宗教信者ということもありますが、
自分的には、ガウディ(Antoni Gaudí) にイメージが重なります。
奇怪な建築に見られがちなサグラダ・ファミリアも、
実は聖書のひとつひとつの物語を埋め込んでいるだけのこととすれば、
ペルトは、一つ一つの音に一つ一つの意味を込めているように感じます。

Für Alina, for piano by Arvo Pärt

そして、
スポンサーサイト

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。