2009/05/25

古民家再生 - 茂屋の家 090525

豪快な一階の床組み。
09052501.jpg
建築後、三十年近くたってから、家全体を持ち上げて、
コンクリートの基礎が施工されていますが、
無筋コンクリートだった為、
その基礎の補強工事が施されます。

皮肉なことに、その倍の年月を過ごしてきた丸太の床組みは、
そのまま使用されます。