2009/06/01

古民家再生 - 茂屋の家 090601

基礎工事も順調に進んで、
水曜日ぐらいのコンクリート打設の模様です。
09060101.jpg
玄関の上がり框が取り付いていた場所。
見事なケヤキでしたが、計画上撤去です。


ケヤキといえば、
こちらも27cm角の柱。
09060102.jpg 09060103.jpg
これからも現役でがんばってもらいます。

続きを読む

2009/06/03

古民家再生 - 茂屋の家 090603

本日は予定どうり、基礎のコンクリートの打設。
09060301.jpg
打ち合わせどうり、
配筋、型枠の建て込みをしてもらったところに、
コンクリートを打設してもらうわけですから、
私としては、殆どすることがありません。
09060302.jpg
2009/06/04

古民家再生 - 茂屋の家 090604

今日から、いよいよ、屋根部分に取りかかりました。
09060401.jpg
板金材がすっぽり剥がされ、下地の杉柾板が見えています。
当時の防水材のような役目をする材料です。
09060403.jpg 09060402.jpg

一番目の写真の屋根材が全て剥がされている部分が、
新しく2階を増設した部分。
屋根の天井部分には、300mmの断熱材が入れられる為、
生活部分の天井高さを確保する為に、細工をする部分です。

09060404.jpg 09060405.jpg



2009/06/05

古民家再生 - 茂屋の家 090605

「小屋組」と言うよりも、「木組」。
09060501.jpg 09060502.jpg
様々な形態や寸法の材料を、
巧みに、組み合わせ、継ぎたして組み上げています。
09060505.jpg
09060503.jpg 09060504.jpg
驚きを感じるとともに、

むしろ、こんな代物の相手をものともせず、
鼻歌まじりで、作業をすすめている大工さんたちが、
奇妙に見えているのかも知れません。
2009/06/08

古民家再生 - 茂屋の家 090608

雨が続くため、
先日の屋根の改修は中段され、
一階の床の工事です。
09060801.jpg
大工さんの右側に見える青い小さな機械(?)。
水平のレーザー光線を発しています。
(大工さんの左側の柱にうっすらと赤い線が・・・・)

長年の年月で微妙にゆがんだ建物に、
新しく水平の床を施工していきます。
09060802.jpg 09060803.jpg
いったん取り外した敷居も、
水平に復元です。

新しくしてしまうもの・・・、
古くても、そのまま復元するもの・・・、
木造建築ならではの、楽しさかもしれません。
2009/06/08

毛馬内 三ノ丸の家 090608

こちらは、ほぼ外部の大工工事が大詰め。
09060805.jpg
ねじりハチマキの後ろ姿がいかにも大工(デェィク)。
いい雰囲気をかもしだしています。
09060806.jpg
大工の「イイョ」の合図で取り掛かった水切の板金工事。

どうしてこうゆう形になるのでセゥ。
板金の世界は、意外とウンチクが多いカモ

2009/06/09

古民家再生 - 茂屋の家 090609

「茂屋の家」は周りを360水田に囲まれた、
10軒ほど家がまとまった、一角にあります。
09060902.jpg
その水田の中を通る一本道。
09060901.jpg
左隅に「茂屋の家」が見えています。

続きを読む

2009/06/10

古民家再生 - 茂屋の家 090610

明日の雨模様の予報を受け、
屋根の工事を先行しています。
09061003.jpg 09061005.jpg
古いままの部分、
新しく組み立てた部分、
既存の部材を再利用している部分。
複雑に入り組みます。
09061006.jpg 09061004.jpg

本日、ハプニングが発覚。
用意したトップライトは7つですが、
トップライト用の開口が8つ開いていました。

考えた末、
急いで、ひとつ追加注文です。

続きを読む

2009/06/11

毛馬内 三ノ丸の家 090611

こちらは、断熱気密工事がほぼ終了。
09061107.jpg
仕上材を張り付ける為の下地材の取付作業の段階です。
09061106.jpg
外壁廻りの下地材は、
さらに、室内側に下地材を取り付けている為、
給排水配管、電気配線は気密層の内側で作業しています。
09061105.jpg
せっかくの気密の為のシートや断熱材が荒らされる心配が無く、安心です。

しいて言えば、住人としては、約2.1cm部屋が狭くなることになりますが、
安心の代償と思っていただければ・・・と、願います。
2009/06/11

古民家再生 - 茂屋の家 090611

09061104.jpg
残念ながら、天気予報は的中。

続きを読む

2009/06/12

古民家再生 - 茂屋の家 090612

快晴に誘われて、屋根工事再開です。
09061203.jpg 09061204.jpg
09061206.jpg 09061207.jpg
待ち構えていたかのように、
板金工も乗り込み、屋根下地のルーフィングを敷き込みに来てくれました。
09061210.jpg

続きを読む

2009/06/13

毛馬内 三ノ丸の家 090612

久しぶりに、カァ?ッと晴れデス
しかも、ドシャ降りあとのピ?カン
09061201.jpg 09061202.jpg
外部の大工工事は終了し、
あとは、お化粧を残すのみです。

内部工事も、下地の段階で、
いよいよ、本番です。
2009/06/14

新顔

しばらく寂しい思いをしていた我が家の水槽が、
最近少しにぎやかになりました。
09061108.jpg 09061109.jpg
いまどきらしく、
ネッパル(秋田発SNS)でお付き合いさせていただいている方から、レッドビーシュリンプ。
Yahoo!オークションで落札したスネール君(ピンクラムズホーン)。

ついでに、白めだか。

いずれも、環境次第で爆発的に繁殖するタイプのようですので、
これからが楽しみです。
2009/06/16

毛馬内 三ノ丸の家 090616

階段の加工が始まっています。
09061601.jpg
片側が一部オープンだったり、
蹴込板が一部無かったり、
一段だけ廻りがあったり、
一段だけステージ状の部分があったり、

という階段。
2009/06/17

古民家再生 - 茂屋の家 090617

お天気具合に左右され、
工事も中に入ったり外に出たりでしたが、
いよいよ外壁の仕上部分に取り掛かっています。
09061701.jpg
杉の板の山。

続きを読む

2009/06/18

古民家再生 - 茂屋の家 090618

相変わらず、
09061804.jpg
一人は、黙々と・・・・・・製作中。

その他の部分は、着々と進行中です。
納まりの関係等で、細かな設計変更は日常茶飯事といったところですが、
09061805.jpg

大きく「地震に強い ノダラスカット」と印刷された部分は、
意図的に変更です。
大工さんたちにとっては、面倒なことをお願いしてしまいました。

続きを読む

2009/06/19

古民家再生 - 茂屋の家 090619

外壁(の下地)の工事が続いています。

最初に、通常の家の柱寸法にあたる幅の間柱を縦に施工し、
09061903.jpg
建物の揺れに抵抗する為の構造用面材を打ち付けたあと、
09061901.jpg
さらに、50mm厚の横の胴縁を取り付けています。
これは、柱の幅に納まりきらない断熱材を入れる為の空間を確保する為です。

この上に透湿防水シートを一面に張り、
さらに、その上にまた18mm厚の胴縁を再度縦に取り付けていきます。
そして仕上の杉板を横に貼り付け、
化粧兼の押し縁を縦に取付て最後です。

内側は・・・・・・・・後日説明いたします。

さらに、この家の場合、柱の太さが違ったり、
内部空間に柱を見せる為、等、
外壁廻りの部材構成が、5種類程のバリエーションになってしまっています。

断熱材だけの種類でも、(現在のところ?)5種類。
2009/06/22

古民家再生 - 茂屋の家 090622

少し出足が伸びていた、板金工が乗り込んできました。
09062201.jpg
とは言うものの、
細工箇所が多いため、進み具合は・・・いさみ足。
仕方がありません。

施工順番の関係もあり、
ここ数日は、大工と板金工のバトルが続きそうです。
2009/06/23

古民家再生 - 茂屋の家 090623

雨が降ったりやんだり、強い日差しが射したりですが、
板金工事が進んでいます。
09062303.jpg 09062304.jpg
いつもお願いしている板金屋さんですが、
見慣れない職人さんが、ややこしそうな部分を施工しています。

社長が、引退したベテラン職人を連れてきてくれたそうです。
09062305.jpg

続きを読む

2009/06/25

古民家再生 - 茂屋の家 090625

相変わらず、板金工は、悪戦苦闘中。
09062501.jpg 09062502.jpg
増員された大工さんたちは、それぞれにちらばって、
それぞれにこなしている為、
確認作業が大変。
09062503.jpg 09062504.jpg
西面の杉下見板。
2009/06/26

古民家再生 - 茂屋の家 090626

着々と工事は進んではいますが・・・・
09062604.jpg 09062603.jpg
継続の工事のみの為、
とりたてて説明するネタがいまひとつ・・・・
09062601.jpg 09062602.jpg



2009/06/29

古民家再生 - 茂屋の家 090629

いつから始まったか忘れてしまいましたが、
やっと屋根頂部です。
09062901.jpg
屋根工事の基本は水下からですから、
やっと終盤ということです。

とはいうものの、
ここからまた一細工があります。
これから始まる工事は、
こちら の後半にあるような、工事です。

建物全体の余分な熱と湿気を逃がす大切な工程です。
2009/06/30

古民家再生 - 茂屋の家 090630

いよいよ、内部の工事。

屋根の工事が一段落したことを見計らったかのように、
屋根断熱工事。
09063001.jpg 09063002.jpg
高性能グラスウール16Kを厚さ30cm・・・は、当初の設計通りですが、
さらに、遮熱透湿防水シートを先に施工しています。
09063003.jpg

そんな内部での苦闘をよそに、
外の風景は、平穏になってきています。
09063005.jpg 09063004.jpg