2013/09/01

白神の頂は遠い

またしても 白神岳 に嫌われました。

十二湖の 王池駐車場 に車を止めて、意気揚々と出発。
P8310003.jpg
五能線で一駅を移動する為、十二湖駅に向かって歩きます。
P8310005.jpg

所要時間約45分。 十二湖駅
P8310008.jpg


ところが・・・・・・・・・



スポンサーサイト

続きを読む

2013/09/10

ゼロ to シラーカムイ (壱ノ巻)

( 全ての画像はクリックするとそれなりに大きくなります )

思えば2012年の春に十二湖のとある民宿のおとうさんから、

白神岳 の標高は1235mでそんなに高い山ではないが、
裾野が海に沈んで0mから登山が始まる。侮ってはいけない。

という話を聞いてからずっと気になっていました。
白神岳 から 十二湖 への稜線歩きは、
世界自然遺産をなぞるように北上してることも魅力でした。

やっちまいました。

(全行程のGPSデータ)
sirakami.jpg

計画通り、7:00 王池駐車場から出発します。
明日は反対方向から帰ってくる予定です。(先日の断念ブログは こちら
P9070002.jpg
またしてもなにやらかすかに ポツポツ ときましたが、
アメダス雷雲ではないことを確認しているので躊躇なく進みます。

8:12の電車を待っているの図。
P9070009.jpg
なかなかおしゃれな無人駅舎です。
お土産の売店はありますが、キップは売っていません。
五能線に乗るのは、かなり久ぶり。
P9070011.jpg
二駅目の 白神岳登山口駅 で電車を見送ります。180円也。
P9070012.jpg




続きを読む

2013/09/11

ゼロ to シラーカムイ (弐ノ巻)

( 全ての画像はクリックするとそれなりに大きくなります )

入山します。

(全行程のGPSデータ)
sirakami.jpg

(登山口で配られていたティッシュペーパー)
P9070019.jpg
不安が無いわけではありません。
記帳用のノートに、行き先を 十二湖 と書くのに少し躊躇してしまいました。
P9070025.jpg
白神山系の山に今年から(?)セットされた靴底マット
少し先にセンサー式の入山者カウンターもありました。
P9070026.jpg
よく整備されています。
P9070028.jpg

P9070029.jpg
順調に進んで分岐点です。
P9070030.jpg
「登山経験の浅い登山者は(マテ)山コース を・・・・」という忠告を、
華麗に無視して、地図上の赤い 二股コース

山腹を巻くように、ほぼ平坦な道が長々と続きます。
P9070031.jpg
小さな沢を何度もまたいでクネクネと登ったり下ったり。
P9070035.jpg
足元が崩れやすくてしょっちゅう踏ん張ったせいか、
左足の腸脛靭帯が存在感を表してきたので、処方箋Robu を服用。
P9070034.jpg
この 平坦な道 が後の様相の前兆でした。

なんてったって、歩行距離は殆ど同じで
たどりつく標高は同じなんですから。


こんな感じで約1時間ちょっと

・・・・・・

続きを読む

2013/09/12

ゼロ to シラーカムイ (参ノ巻)

( 全ての画像はクリックするとそれなりに大きくなります )

十二湖に向かって帰ります。

(全行程のGPSデータ)
sirakami.jpg

昨夜の二度呑みのせいで起きたのは6:30 (遅ッ)
聞こえていた風音は全くありません。
一面真っ白でキモチが悪いくらい静まりかえっています。
P9080081.jpg

ホルモン鍋の残り汁に生うどんと野菜を足して朝食。
ある程度身支度してから、水を汲みに行く為に、
レインウエアで完全装備して笹薮こぎです。

あった、あった、あった、あった、
持参した水の残りが500mlくらいしか無かったのでまさに 命の水 です。
P9080080.jpg
こんな山頂直下で 湧き水 が枯れていないのは、本当にありがたい。
シラー(岩)カムイ(神)に感謝。

がぜん、ファイトが沸いてきました。身支度して出発します。 8:00 (遅ッ)
P9080082.jpg

合掌・・・・・・(秘密)
P9080083.jpg
合掌・・・・・・(秘密)
P9080084.jpg
・・・・・・
P9080086.jpg
出発から15分程で分岐 十二湖コースP9080088.jpg
刈り払われたばかりのようですが、いちいち文句を言うわけではありませんが、
塗れた笹はとにかく滑って歩きにくいです。
まあ、藪漕ぎとは、どっちもどっちかもしれませんが。

視界が開けても全く見えません。
P9080087.jpg

文句を言う気はありませんが、最初に歩いた時はこの木は無かったのか?
というくらい・・・・・・すいません
P9080090.jpg
これでもか?・・・・・・・
P9080092.jpg
霧なのか雨なのかわからないような中、
レインウエアを着ているとは言え、濡れないわけではありません。
ゴアテックスなんのその、かくものはかくし蒸れます。
寒いか寒くないかの選択だけです。

稜線歩きのハズですが、景色は望めず、ひたすら100m前後を登ったり下ったり。
P9080098.jpg
延々と。
P9080099.jpg
また?、今日も? ロープ?
P9080100.jpg
辿り付いたのが、大峰岳(1020m)  11:20
靭帯の痛みもあってだいぶ遅れています。
P9080101.jpg
眺望はありません。(たぶん)

続きを読む

2013/09/22

今年も お岩木やま

まだまだ修行が足りず、
またしても8合目までを1750円で買ってしまいました。
( 去年の様子は こちら )
P9200021.jpg
いつかは 岩木山神社 から参拝登山したいものです。

めまぐるしく湧いて流れる雲、微風、ピーカン・・・・
P9200022.jpg
P9200015.jpg
P9200023.jpg
P9200011.jpg

やめられませんね



2013/09/24

太平山(奥岳)

好天に誘われて・・・・・

9:00 気が付いたら、宝蔵岳(1036m) で 甲羅干し してました。
朝日がキモチ良すぎます
P9220032.jpg


6:30 旭又登山口 出発。 すでに2台の車がありました。
P9220006.jpg
P9220008.jpg

立派なまっすぐな道が伸びていますが、標識を右に折れます。
P9220014.jpg
倒木と格闘したり、山肌を眺めたりしながら黙々と進みます。
P9220025.jpg
汗ダクですが。
P9220030.jpg

と、言うわけで、宝蔵岳(1036m) にいるわけです。
ここから、難所があるらしいので、たっぷりと休憩して出発です。
taiheizan.jpg

続きを読む

2013/09/25

仁別国民の森の

仁別森林博物館 でみつけたもの

ブナ で作られた芸術品です。 美しいです。
P9220080b.jpg
とはいえ、

戦闘機(ゼロセン)のプロペラ

胴体にもブナの合板が使われたとか・・・




もう、こういう使われ方はしてほしくないものです。

2013/09/30

岩手山2013 (1)

( 全ての画像は、クリックするとそれなりに大きくなります )
P9290200.jpg

昨年()は天候に恵まれなかったのですが、今年は最高でした。

岩手県 県民の森からの 七滝コース
2013092800.jpg

一日目
県民の森 → 地獄谷 → 黒倉山 → 鬼ケ城 → 不動平避難小屋
ニ日目
不動平避難小屋 → 山頂 → 屏風尾根 → お花畑 → 地獄谷→ 県民の森
の予定でイザ

県民の森の背後には ど~ん と岩木山がそびえます。
P9280002.jpg
少し進んだところの駐車場からはじめます。 時間は、5:30
P9280005b.jpg
いまにも語りだしそうです。 おはよう。 いってきます。
P9280012b.jpg
立派すぎる登山道です。
P9280013.jpg

途中、平行するように走る林道と出会いますが、
大雨の影響はまだ残っています。
P9280014b.jpg
登山道上も、大雨の影響はまだ残っています。
P9280019.jpg
凄まじい流木に気を取られて、やってしまいました。
道を間違えました。踏み跡があったので気を許してしまいましたが、
同じように間違えた方々がいたんでしょう。約30分のロス。
(地図上の ① の余計な枝トラックです。)

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。