2013/10/01

岩手山2013 (2)

( 全ての画像は、クリックするとそれなりに大きくなります )

大地獄谷の分岐 (地図)から に移動してから、
戻る形になりますが、昨年、強風の為断念した 黒倉山 へ向かいます。
P9280078.jpg
必要なものだけサブザックに詰め込んでザックをデポして向かいます。
なんてったって、ビールやら日本酒やらホルモンやら、
それなりに重いもんで ・ ・

意外にあっさり、黒倉山(1570m)  身軽って幸せ
P9280084.jpg
東面の絶壁です。湯気が出てます。怒ってます。
遠望からでは気が付きませんでした。
P9280083.jpg
湯気が出てます。怒ってます。
P9280085.jpg

さっき通過してきた 大地獄谷 全景。 こうして見ると綺麗です。
登山道が見えますが、あんなところを登ったんですね。 帰れるか心配。
P9280086.jpg

反対側は、手前のピーックの 姥倉山(1517m) からの登山道
P9280088.jpg
あそこも地表面温度が高く噴気が上がっているはずですが、
目視では確認できません。
昨年のあの恐ろしいくらいの強風が思い出されますが、
今日は至って平和のようです。
向かいたい気持ちをグッっとこらえます。

その奥に、このあいだ登った 三ツ石山 のぽっこり が見えます。

東面の絶壁とは裏腹に、西面はなだらかな形相です。
P9280090.jpg
身軽なもんで、鼻歌交じりに下って、
山腹を巻くようにしてザック(地図)まで戻ります。

さあ、いよいよ、鬼ケ城 に向かいます。
P9280091.jpg
右側のギザギザ( 鬼ケ城 )をなぞるように進んで、
山頂とギザギザの間の谷まで向かいます。
あそこで、ビールのプルタブを引っ張ります。

岩木山2013 (3) に つづく
2013/10/02

岩手山2013 (3)

( 全ての画像は、クリックするとそれなりに大きくなります )

ビール 9合目目指して ・・ ・ ・
P9280092.jpg

樹林帯の中を進んだ後に視界が開けて、色づきはじめている南斜面。
P9280096.jpg

男前の鬣(タテガミ)は歩きがいがあります。嘘です。きついです。しんどいです。
P9280099.jpg
それ以上に楽しいですが、何か?
P9280102.jpg
P9280104.jpg
振り返ると、八幡平の山並み、森吉山。
こんな風景だったんだなとおもいつつ ・・・・
P9280108.jpg
昨年は、このあたりから全く視界が無くなってしまって、
ただただひたすら前進するだけでしたが、
今年は景色を堪能するのに忙しくてなかなか進みません。
P9280111.jpg
P9280113.jpg
けっこう下山者と会います。みなさんニコニコ。
P9280114.jpg
この道は帰りには使わないので、見逃さないように振り返るのにも忙しい。
P9280116.jpg
登ったり下ったりしながら、徐々に高度をあげていきます。
P9280125.jpg
奇岩も目立つようになってきました。
P9280127.jpg

続きを読む

2013/10/03

岩手山2013 (4)

不動平避難小屋 の宿泊者は8人でした。楽しい山談義もできたし満足。
だいぶ深酒してしまいました。

翌 4:40頃(?)起床 
サブザックを背負ってお鉢へ。

朝焼けです。うごめく雲海も見ごたえがあります。
右に浮かんでいるのは、早池峰山
P9290197.jpg
( 全ての画像は、クリックするとそれなりに大きくなります )

景色を眺めながら、レギュラーコーヒーを楽しもうと思ったのですが、
カップを忘れました。
やかんに口を付けてすするのもなんだったので、やめました。

P9290199b.jpg

それぞれが、銘々に楽しんでいました。
P9290200.jpg

避難小屋にも朝日が差して長い影ができています。
P9290226.jpg

メシ

続きを読む

2013/10/04

岩手山2013 (5)

= 長々と失礼しました。最終回です。=

相変わらずザレた足場ですくわれそうになりながら下ります。
P9290295.jpg
雲の形が山に移りこんで山がまだら模様
P9290298.jpg

結構順調に 平笠不動避難小屋 ( 地図
P9290300.jpg
これから向かうコースは迷いやすいとのことで、よろしく。
P9290302.jpg

小休止後、お花畑目指して出発
P9290307.jpg

登山道がまっすぐ伸びています。結構こういうの好きです。
P9290311b.jpg
P9290314b.jpg
振り返って 平笠不動と山頂北西斜面
P9290316b.jpg
秋田駒ケ岳 がいい感じです。
P9290315b.jpg

P9290317.jpg
P9290320.jpg

米倉(手前)と 赤倉岳
P9290318.jpg
米倉 直下。 ここからは、樹林帯の中に入るようです。
P9290323.jpg

空の切れ間から振り返ります。いいですね。
P9290327b.jpg
途中の雪崩による損壊跡。凄まじいです。
P9290328.jpg

迷う事無く 御釜湖前分岐( 地図 ) に無事到着。
P9290332.jpg
御釜湖
P9290333.jpg
そしてお気に入りの 御苗代湖。 また今年も来ましたよ。
何がいいのと聞かれると返事に迷ってしまいますが、なんかいいんです。
P9290336.jpg
ここで、ウオッカとスィーツでゆっくりと大休憩。

Zzzz ・ ・ ・・・   おっと

続きを読む

2013/10/16

今朝の風景

ミスマッチな画

右下がパソコンのモニター
1310161.jpg

今年の春に目撃して以来久しぶりです。
まだいたんですね。

この数百m四方の小山で冬を越すつもりでしょうか。
1310162.jpg
2013/10/27

秋の安ノ滝

空模様が芳しくなくてずっと考えていましたが、
「行って来なさい」という ”お告げ” で目覚めたので行ってきました。

[滝まで2kmの駐車場] まで3kmの林道からの遠望。
PA272547.jpg
右側が目指す 安ノ滝
左側の ソーメンの滝(?) が見えるということは少し水量が多いようです。

駐車場には、すでに10台以上の先客がいました。(写真はトイレ側)
PA270007.jpg
日本の滝100選の中でもかなり人気の滝らしく、
神戸、仙台、旭川 ・・・と、見慣れない県外ナンバーがずらり。
(この空模様なのに)

始めから雨具を着て歩き始めましたが、
おかげで、こういったしっとりとした風景もまたいいものです。
PA270010.jpg


続きを読む

2013/10/29

中野もみじ山

行きたい と、思いつつ。時期になると忘れてしまって3年。
やっと行ってきました。

黒石市 中野もみじ山
PA292630_s.jpg
意外とこじんまりしています。

日中はどんな風情なのかはわかりませんが、観光客はそれなりです。
八角(?)の香りのする異国の言葉の団体さんもいました。
観光ルートのようです。
PA292634_s.jpg
(画像はたまたま人影が途切れたところです)

小ぶりな滝ですが、ライトアップされてそれなりに綺麗でした。
PA292636_s.jpg

PA292645_s
ライトアップは一部でしたが、
山全体に散策路も整備されているようですので、
日中であれば、また違った印象もあるかもしれません。