2014/04/01

もう四月

もう四分の一年が過ぎてしまった。
P3310021.jpg

早すぎる
2014/04/02

しらたき

食材ではありません。



いよいよ水の流れをリラックスして眺められる季節がやってきました。

白瀑(しらたき)  八峰町八森
P3310047.jpg

滝ウォッチャー 復活ですなw


2014/04/03

三徳包丁

新調しました。

今まで使っていた包丁がいかに切れが悪かったのかを
初めて知りました。

P4013772.jpg

ほどよい重さと、怪しいダマスカス模様・・・・

と、言いつつどれ程の品質のものかはわかりません。



だって、オークションものですから。




2014/04/06

ちょっと散歩

日も差して、気持ちの良い散歩のつもりでしたが、
雪の粉末まじりの強風でエライめにあいました。
4 (5)
2014/04/08

貯水池

春になると思い出して行く所です。

今年も倒れないで建っていました。

P4070019.jpg
2014/04/12

松峰神社 大山

今年になってやっとその気になりました。
風はすこし冷たかったのですが、気持ちの良い汗をかいてきました。

二年ぶりですが、相変わらず惚れ惚れする場所です。シャキッとします。
P4080010.jpg
参拝してから登ればいいのでしょうが、今回は参道の途中で左に折れます。

続きを読む

2014/04/13

今シーズン初の 鳳凰山

まったくもっていい天気で、
長根山の駐車場も結構にぎわっていました。20140413.jpg

P4130064.jpg

P4130067.jpg


続きを読む

2014/04/20

刺巻湿原

この季節になると決まってニュースが流れてくる
刺巻湿原 に行ってみました。
夕方でしたが駐車場完備で人影は途絶えませんでした。

P4190052.jpg

ミズバショウ そのものは比較的あちこちに生息しているので
さほど珍しい植物ではありませんが、
うなるような美しさのものにはなかなか出会えません。

かつて見た尾瀬沼のそれは
あまりにも巨大すぎてガッカリした記憶もあります。

この刺巻湿原は、ロケーションも相まってそれなりに
見ごたえがあります。

が、森吉山の 山人平 のそれには及ばないと思いました。
(個人的な感想ですが)

2014/04/21

春の七座山

鳳凰山と並んで、年に何度も散策する山です。
P4190009b.jpg
山一面にキクザキイチゲが咲き誇っていてさわやかなトレッキングでした。
P4190094b.jpg

140419b.jpg
(勘違いがあったようで、きみまち坂よりの一座を踏み逃したようです。)

中腹は低山とは思えない程の原生林と奇岩に圧倒されます。
P4190097b.jpg

P4190099b.jpg

P4190132b.jpg

P4190102b.jpg

権現屈
P4190100b.jpg
法華の岩屋 
P4190110b.jpg
を通りすぎると急坂を登って

続きを読む

2014/04/22

朝です

日没ともに活動を鈍化させ、

日の出とともに目を覚ます生活。

目覚まし時計はまったく必要ありません。  持っていません。

P4170007.jpg


追:今年の我が家の廻りはホトトギスのたまり場らしく、

一日中大合唱です。

気がゆるみます。
2014/04/23

近い

北秋田市の大太鼓の館付近からの森吉山ですがやけに近く感じました。
P4140005.jpg

呼んでる?


2014/04/27

チゴキ

初点灯:昭和29年
P3310035.jpg

どこをどう切っても煮ても焼いてもバリバリの近代建築のお姿です。

美しいですね。
2014/04/28

33湖めぐり

体力づくりと装備の点検にはうってつけで、春の恒例行事になりました。
朝6時過ぎたばかりでしたが、
海岸線の電工掲示板が17℃を表示してました。故障?

例によって 御殿水 を汲みます。
P4270146b.jpg
マウンテンバイクにドロップハンドルを付けた青年を見かけましたが、
流行でしょうか?

一筆書きに近く全ての池をめぐるのが十二湖散策の醍醐味ですが、
今回は 茶屋のある 落口の池 から歩き始めました。
P4270157b.jpg
鏡のような水面が所々で淀んでハッとしますが、大量の鯉でした。
P4270158b.jpg
ほとんど人を見かけることもなく、車のエンジン音もなく快適です。
P4270167b.jpg
今年もまた来たな ってな気持ちになる場所です。
P4270170b.jpg
ここではじめて人と会話しました。関東からドライブしてきたそうです。

ここ一年のうちに案内看板があちこちで増設されていました。
有料で案内していたガイドさん、涙目?

P4270186b.jpg

数ヶ所にこういった機材が設置されていますが、
ここはどうしてこんなに集中しているんですかね。4台ですよ。
P4270190b.jpg
おまけに、フラッシュを焚かれてバシャバシャされるとビックリします。
ピースサインをしてやろうと思いましたが小心者なのでやめました。

十二湖青池 が一般的な認識でしょうがそればかりではないですよ。
いわゆる奥十二湖エリアもなかなかなものです。ほとんど人もいないし。
P4270209b
自分的にはベスト3にはいる景色です。
これだけ水面が薄いので季節によって見え方が大きく違うのも特徴です。
P4270212b.jpg

もれなく33湖を巡ると4時間近くかかりますが
それなりの見ごたえの散策です。
そのうち人影を見かけるのはほんの2割ぐらいの範囲でしょうか。
まったくの登山の格好で熊鈴をじゃらじゃらと鳴らして人ごみにはいると
不思議そうに見られるときもありますがお構いなしです。
20140427b

以下が今回の順路の (の看板) です。

続きを読む

2014/04/30

久渡寺山

騒がしい。 8時前だというのに何だこの賑やかさは
P4290223.jpg

久渡寺(くどじ)というキーワードで検索すると
P4290224a.jpg
イタコ、幽霊画、心霊スポット、おしらさま ・・・・
この長~い石段の上がそこなんでしょうがなんともミスマッチ過ぎ
P4290224b.jpg
この石段は登らず左に折れて登山開始です。

鳥居をくぐって
P4290227.jpg
鳥居をくぐって
P4290230.jpg
鳥居をくぐって
P4290234.jpg
いたって快調でしたが、ここからが・・・・
標高662mのわりには残雪がやたらに多くてびっくりです。
P4290241.jpg
とうとう道がわからくなってしまったので先行者の踏み跡をたどりました。
P4290242.jpg
P4290244.jpg
山頂直下では踏み跡が別れてしまい
GPSのトレースに近いほうに進みましたが
結局どちらも違っていました。 迷うほどではないので私も適当に・・・

で、山頂
P4290246.jpg

続きを読む