2014/05/01

ということで、久渡寺

とは言っても、調べてもうまく説明できそうにないので写真だけ
P4290018.jpg
女子中(高?)生らしき二人をまじえた家族らしき四人が、
延々とお経を唱えていました。暗唱で。
P4290022.jpg
P4290020.jpg
P4290032.jpg
P4290286.jpg
P4290015.jpg

すいません。へたなことを言って間違ってたら大変なのでコメントなしです。
詳しくはご自分でお調べください。





スポンサーサイト
2014/05/07

羽保屋山

思いのほか天気がよかったのでダッシュして行ってきました。

羽保屋山
P5060396.jpg
里山の連なりの展望がきれいで結構お気に入りです。
左側の前岳を踏んでから山頂になります。

P5060397.jpg
この吊橋を渡って登山がはじまりますが、
リズムが合ってしまうと放り出されそうなくらい揺れるので注意が必要です。
P5060429.jpg

続きを読む

2014/05/08

ワンダーなテーマパーク

つずら折れの山道に点在する丁塚や観音様を眺めながら目的地へ。
観音様ですが、何かを羽織っているだけでドキッっとします。
P5030024b.jpg
「三杯飲めば死ぬまで生きられる」? 冷水 
P5030027.jpg
最初に目にした宇曽利湖の光景は異様ではありますがおだやかです。
P5030043.jpg

こうなると、かえってホッっとします。 三途の川を越えてきま~す。

続きを読む

2014/05/09

仏ヶ浦

あっちの世系が続きますが、開眼したわけではありません。
P5040181b.jpg
本当に何も無い所でした。仏ヶ浦以外は。
迫力はすごかった。

続きを読む

2014/05/10

縫道石山

今回の下北半島行脚の第一の目的。

標高はそれほど高くはありませんが、その異様な姿で人気の山だそうです。
半島のマサカリの刃側から曲がってすぐ見えた姿。
なんだあれは?状態ですね。
P5040205.jpg

そして、下山後の帰り道からの姿が、

続きを読む

2014/05/11

薬研の湯

下北に行って、どうしても外せなかったもうひとつのもの
P5030136b.jpg
写真は有料の(といっても200円) 夫婦かっぱの湯 前の像。

ですが、目当ては かっぱの湯 無料
P5030298.jpg
P5030294b.jpg
秘湯、野湯ファンにとっては有名らしいです。
今は屋根(庇?)まで架けられ、申し訳程度の目隠しもあります。
P5030297.jpg
この湯を堪能する前に気になる遊歩道があったので行ってみました。

続きを読む

2014/05/12

願掛岩

海岸に大きく張り出して眼を引いたので登ってみました。
P5040180.jpg
ですが、足がすくんで左の オンナガンカケ はここまで
P5040325.jpg
右の オトコガンカケ はここまで
P5040177.jpg
P5040313.jpg
海面からはポートタワーセリオンの展望台と同じ高さです。
手すりがあっても落ち着かないのにそれ以上は無理。
P5040311.jpg

ビックリされてこちらはそれ以上にビックリしてしまいました。
こんな朝早く(AM 6:00)から人がくるとは思っていなかったのでしょう。
P5040323.jpg

続きを読む

2014/05/13

朝やけ

下北のおばちゃんと話をして 改めて気が付きました。
まぁ、太平洋側の下北のおばちゃんだったし
私が日本海近辺の人間だと思っての話だったんでしょうが、

「秋田の人は夕日が見れていいわねぇ」


東通村 小田野沢 の朝焼け
P5030005.jpg

東通村 下田代牧場 の朝焼け
P5030010.jpg

東通村 尻労 の朝焼け
P5030018.jpg

そして

続きを読む

2014/05/14

北のはずれ

いろんな北のはじっこがありますが、本州の線路のはじっこ。
これを見たくて寄りました。
あたりまえですが本当に切れてる、切れてる。
P5040222.jpg
大湊駅のホームはこんな感じ。 切れてる、切れてる。
P5040228.jpg

そして、

続きを読む

2014/05/15

下北行脚

縫道石山の登山目的からはじまった下北半島行脚。

ついでだからあれもこれもと欲張ってしまって
くつろぐ時間が少なかったことは反省です。

距離的にも比較的近いこともあってあまり考えていませんでしたが、
思ったより見ごたえがありました。
もっと知りたいし、季節を変えていってみたいと思っています。

横浜町から眺める 釜伏山 雪崩予想の為の通行止で行けませんでした。
P5040230.jpg

大畑のさくらロードはちょうど満開でした。
P5030167.jpg
あまり長かったので途中で引き返してしまいましたが、
それでも通ったのは8km(後で調べました)の長さの半分以下だったようです。

原発と自衛隊関連施設の多さは想像していましたが、それでも多かった。
東京電力というのも不思議ですね。

対称的にあちこちに広がる牧場の風景は気に入りました。
風力発電施設の多さにも驚きました。
国家石油備蓄基地 なんていうすごいものもありました。
P5050231.jpg

あと、季節がらかもしれませんが下北半島の湯は熱い。
薬研温泉 かっぱの湯 は素っ裸になっておきながら足湯だけでした。
変わりに 桑畑温泉 湯ん湯ん で函館を眺めながらゆっくりでした。
こちらは適温だった 湯野川温泉 濃々園
P5040392.jpg
恐山の二つの温泉(男湯:無料)も入ってくればよかったと後悔しています。
2014/05/17

兜明神岳・岩神山

シラカバとダケカンバの森のオサレな区境高原でした。

道の駅区境から 兜明神岳(1005m)
P5100433.jpg

少し移動して 区境高原ウォーキングセンター から歩き始めました。
P5100434.jpg

続きを読む

2014/05/19

姫神山

道中から眺めた山頂です。微妙です。
P5180498.jpg

城内登山口から登ります。 誰もいねぇ。
P5180501.jpg
はじまりはこんな感じです。広くて立派です。
P5180505.jpg
このコースは一番長いようですがこういった見所があることで選択。
御滝明音 水はありません。かつてはあったのでしょう。
P5180504.jpg

続きを読む

2014/05/21

七時雨山

名前に惹かれて気になっていた山。

なんて、実はあまりにも早く姫神山が終わってしまって物足りなくて
こっちに寄ったわけですが。
したがって、この日の二座目ということです。 内心は不安です。

ゲートを開けて広い牧場の中を進むというしゃれた登山です。
P5180549.jpg
右が七時雨山北峰。 いいですね。
P5180550.jpg
牧場の中の小さな林を抜けると
P5180554.jpg
おもわず赤いものを身に着けていないか確認してしまいました。
数頭がずっとこっちを見ているので少しビビリぎみに通過します。
P5180556.jpg
11時前という遅い時間帯でしたが、まだ登る人もいるんですね。
P5180558.jpg

ここは登山ルートですが真夏だと彼らはこんなところで涼んでいるんでしょね。
いっぱいいたらどうするんでしょうね・・・・
P5180559.jpg
・・・・・なんて上の空で歩くのは禁物です。
P5180603.jpg
ここは牧場のど真ん中なので、地雷がたくさん仕掛けられています。
景色を堪能しながら歩くのもいけません。
前進するときは常に足元に気をつけなければなりません。
P5180563.jpg
もうひとつゲートを通過して、いよいよ樹林帯に入っていきます。
P5180566.jpg

続きを読む

2014/05/26

まったりとpianoを聞く

なんだか怪しい空模様だったし、
家庭菜園とはいえ、そろそろ体裁を整えておかないといけないと思い
朝からせっせと畑仕事をしてしまいました。


ひと段落をつけたあとに
ひさしぶりに聞いてまったりとした休日の午後を ・ ・ ・・

La Monte Young - The Well Tuned Piano 81x25 NYC
The Well Tuned Piano 81x25 NYC
詳しくはわかりませんが純正律っていいですよね


どこまで聞いたか覚えていません。
晩ご飯も食べないで寝てしまっていました。

ご丁寧に Youtube にFullで Up されていたので興味のあるかたはどうぞ



2014/05/31

今朝はチェロで

今日も暑くなりそうですが さわやかなうちに・・



気合を入れて片付けるものを片付けて。明日はどこへ行こうかな

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。