2014/07/15

五葉山 ②

大休憩後の道は、踏み跡は至極しっかりしていますが、
刈払いは一切されていません。
赤テープのような目印が無ければ全く道がわからない様な状態もしばしば。

シャクナゲもお出迎えでテンションがあがります。
このあと、いやというほど大量のシャクナゲの林が現れますが・・・・
P7130732.jpg

岩場はペンキの印を頼りに登っていきます。
すべり止め加工されているかのような岩で、しっかりとグリップが効いて
安心して登っていけます。
むしろ、服やザックがこすれて破れないか心配なくらいです。
P7130734.jpg

偽ピークに登って初めてみる本物「黒岩
あそこまで、岩を飛び跳ねるか、藪コギで進んでいきます。
P7130737.jpg
ちなみに藪コギはこんなかんじ。
赤テープを見つけられなければ一歩も進めません
P7130738.jpg
まぁ、どうしても見つけられなければ、しゃがんで見ればいいわけで・・・
何度も言いますが、踏み跡は至極しっかりしているので不安はありません。

結構楽しみながら進んで、黒岩(1320m) 山頂。
P7130742.jpg
山頂とはいえ、岩をくりぬいて三角点を埋めるほどせまい。
平らな場所、樹木が無い場所などはありません。

そんなことよりも、あれが 五葉山 です。(一番高く見えるところ)
あそこまで行ってから戻って、くびれたあたりから下山予定です。

やっぱり景色がいいと気持ちもはずみます。
P7130744.jpg
ここで初めて登山者と出会ってしばしの会話を楽しみました。

振り返ると、もうこんなに来ちゃったの?的な感じです。
P7130745.jpg
まだまだこの状態は続くようですが、楽しいですね。
P7130746.jpg
いまいちなシャクナゲ林を平泳ぎして抜けると・・・・・
P7130747.jpg

続きを読む