2006/12/18

床の間

現代の住宅においても、床の間はあっていいと思う。
かといって、型にはまりきった和室、型にはまりきった床の間では、
かえって空間をつまらないものにしてしまう。
06.12.15-02.jpg
巾二間(約3.6m)の壁面を全て、床の間と称してみた。

06.12.16-01.jpg といっても、壁に沿って床に縁甲板を3枚敷いただけ。
 それで、りっぱに床の間として認識してもらっていた。
 
 あまりにも単調な壁面だったので、
 地窓を取り付けて、スライドする障子を取り付けた。



いろいろなアイデアで、季節を表現してもらえればと思う。
関連記事

コメント

非公開コメント

コテコテの和室より、こういう“和空間”的なデザインの方がなじみやすいです。こんなおしゃれな家に住んでみたいです!

nagakigawa さん ありがとうございます。
「“和空間”的」っていう言葉、おもしろですね。
たしかに、きちんとした和室が無いにもかかわらず、
家全体にそういった雰囲気を感じとられるようです。