2007/06/29

ホメオパシー

最近、また一つ賢くなったような気がした。
というか、いい言葉を見つけた。
07.06.29-01.jpg  07.06.29-02.jpg
 (写真は本文とは関係がありません。気分転換にドライブしたときの外の風景です。)

< ホメオパシー(homeopathy) >

「毒は毒を持って治す。」
「同様なものは同様なものを治す。」

といったたぐいの医療用語(行為)なんだそうで、「代替医療」や「同種療法」と訳されるそうです。

「少量の毒によって健康を増進する。」
なにやらあやしい、少しキケンなイメージがあるが、
確かにその病気の治療方法が、原因からの隔離という方法よりも、
原因を克服するという行為のほうがすばらしいと思う。 が、
ボクは医療のことを考えた訳ではないし、そんな知識はハナから無いし、・・・・し。

仕事上のことやなにより子供達の教育を考えるうえで、とても参考になる言葉だと思った。

他人のイタミや嫌悪感は経験したことがなければわからない。
楽しいかつまらないかは、やってみなければわからない。
好きか嫌いかは食べてみなければわからない。
できるかできないかは挑戦してみなければわからない。


とはいうものの常にリスクはついてくる

どんどんイメージが湧いてきて頭の中がパンクしそうになってきてしまいました。

子供達には、いろんな失敗や間違いや怪我付きの経験をしても、
怯むことなくどんどんチャレンジしていってもらいたい。

そういった探求心の芽を摘まないように、芽がしぼまないように、
いっしょになって、原因や解決策を探したり治療をしたり(、謝ったり)することが、
ボクがしてあげることなのかなと。

これが我流 子育ての ホメオパシー

関連記事

コメント

非公開コメント