2006/05/28

雨空

日曜日だというのに今日は結構予定がある。
その為に、昨日は子供との時間に使った。
午前中は、リホームの打ち合わせ。
午後からは、藤里町の小一男児の事件を受けての緊急集会の傍聴にいってきた。
同じ小一男児の父親として、複雑な心境だ。

スクールガード・・・
秋田県・・・会
・・・・委員会
・・・・・・ムニャムニャ

だれがどれでなにするひと?

例によって、社会性の乏しいボクは、話の戸口で迷子になってしまった。

ただ、実際の現場で活動している方々はほとんどがボランティアだということがよくわかった。
しかも直接自分の親族や子供が関係していなくても熱心に活動してる方もいるようだ。
ボクの子供たちはまさに、対象者であり、ボクには自分の子供たちに対しての責任がある。
アンテナを伸ばし、出来うる範囲で行動していこうと思う。
関連記事

コメント

非公開コメント