2006/05/30

子供部屋と家について思う

ボクの家には子供部屋というものが無い。
子供がいないわけではなく、三人もいる。
なぜ子供のために部屋をつくらなかったのかと聞かれると、これもまたうまい返事ができない。
ただ、家というものに対してのボクの漠然とした感覚がはたらいてしまったのかもしれない。

野生の動物たちは、殆どが巣をつくる。
なんのためにつくるのか・・・
自分たちの子供のためではないだろうか。
そして必ず皆で寄り添っている。

家族がひとつの屋根の下で、あーでもない こーでもない と  イチャイチャするところが家だ。
ただ、そうゆう場合ではない時もある。
トイレはドアで仕切ったし、何ぞのために居間にフスマが現れて一時的に仕切れるようにした。
他は思いうかばなかったので、子供部屋が無くなった。

我が家にも一応寝室というものがひとつだけある。
が、この家に住んでから一度もドアを閉めた記憶がない。
開きっぱなしのドアの前には物が置かれて閉められない状態になっている。
そこに5人で「川の字」になって寝ているが、一晩で何文字出来たかなんて数え切れないし朝には順番、天地さえ違うこともある。

少なくとも、家族のためにつくる家は、家族的な家であるべきだ。
家族的な家とは、家の隅々の気配が常に感じられるようなオープンな家、ワンルーム的な家。
少なくとも居間には戸が無いほうがよい。
関連記事

コメント

非公開コメント

参考になりました。
ありがとうございます。