2008/09/25

せつない現代音楽

オーケストラものはあまり聴かないが、
これだけ美しいと・・・・・

もちろん、コレクションにあります。
ポーランドの現代音楽家 グレツキ( Henryk Mikołaj Górecki )

ゲシュタポ収容所の独房の壁で発見された言葉などが、
ソプラノで歌われている、あまりにも悲しいシンフォニー

? Henyrk Górecki - Symphony No. 3, Op. 36 ?

    「悲歌のシンフォニー」

聞いたあとは、
「なんも言ぇねェ?」
状態になっちゃいます。

関連記事

コメント

非公開コメント