2012/06/29

なんてったて 山人平

思わしくない天気でしたが、
じっとしていられなかったので、
行って来ました、森吉山。

ブナ岱キャンプ場駐車場にはすでにこれだけの車がありました。
さすが人気の山です。
12062401.jpg
それ以上にゴンドラ乗り場はこんなものじゃなかったですが。
12062402.jpg 12062403.jpg
足取りも軽く意気揚々と登りはじめたのは良かったのですが、
ゴンドラ山頂駅までの後半が・・・・キツカッタ
12062404.jpg
ここまでは誰とも会うことも無く、追い越されることも無く・・・

以降は、人、ひと、ヒト・・・
こんなに大衆臭を感じながら登るとは思っていませんでした。
しかも、今までの行程がウソのように、なだらかな登りです。
しつこいですが、にぎやかです。

阿仁避難小屋を過ぎたあたりから、納得の 花の山。
12062406.jpg

12062407.jpg 12062408.jpg
花、はな、ハナ、 人、ひと、ヒト

山頂も 人、ひと、ヒト
12062409.jpg 12062410.jpg
この賑わいとは対照的に360度真っ白。
喧騒をもろともせず、まったりと昼食をとっていると、
「 山人平を見なかったら来たかいが無いよ 」 の会話。


早速行動開始。
急な下りのあとの雪渓。シャーベット状ですべるすべる。
12062405.jpg
この先に待っていたのは、

湿原には 小さなミズバショウさらに小さなヒナザクラ の群生
12062411.jpg 12062412.jpg
チングルマだらけ
12062413.jpg 12062414.jpg
チングルマだらけ と イワカガミ
12062416.jpg 12062417.jpg
チングルマだらけ
12062415.jpg 12062418.jpg
いやはや・・・・

惜しみながらの下山となってしまって、
あちこち寄り道してしまいました。
12062419.jpg 12062420.jpg
12062422.jpg 12062423.jpg
戻ってみると、車は一台だけ。毎度の最後。
12062421.jpg moriyosizan120624.jpg
展望は望めませんでしたが、
かえってその分、幻想的な世界を堪能できた気がします。
雪渓を踏んでみたし、突然の大雨の洗礼も受けたし、
ラッキーな初森吉山ということで。

ヒメザゼンソウ は こちら

関連記事

コメント

非公開コメント