2012/09/01

天国の散歩道 中編 分水嶺越え

この滝の横壁にはステップが刻まれていて、
登りは難なくできますが下りは確保しなければ無理です。

桃洞滝の横顔(写真左)と、滝頭部からの見下ろし(写真右)です。
「なんてことをしているんだろう」 ふと思ってしまいました。
12081946.jpg 12081911.jpg

滝頭部のすぐ上にあった甌穴。
12081912.jpg 12081947.jpg
左上の写真の奥から2番目の穴の両脇の岩は、
細いところで直径10cmくらいしか無い細い棒状でした。

分岐です。(左写真) 右が本流のようですが、左へ進みます。
右に見えるのが ?段滝 (8~12 情報がいろいろあってわかりません)
12081914.jpg 12081913.jpg

中ノ滝
12081948.jpg

男岩                     男滝
12081915.jpg 12081916.jpg
見る角度にもよりますが、・・・・ 確かに。 想像力がを必要です。
ちなみに男滝は男岩にちなんでいるようで連想するものはありません。

ここは、残置ロープがあるという情報だったのですが・無い。ステップも・浅い
 
 後に、野生鳥獣センターの管理人のお話しによると、この渓谷に掘られたステップ、
 設置されたロープや鎖等は全て登山者等の個人によるものだそうで、逆に劣化等で
 危険と思われるものを撤去しているとのこと。


一度スベリ落ちて指から血を流してしまいましが、
なんとかクリアできました。正直 アセリ ました。

徐々に沢幅がせまくなってきます。
12081918.jpg 12081919.jpg
何度か分岐がありましたが、GPSを見ながら判断して進みます。
12081921.jpg 12081950.jpg

もしかして、ここを登ったのが間違いだったかも知れません。
12081922.jpg
沢が途切れて道を失いかけましたが、GPSを頼りに藪漕ぎすること約5分。
12081923.jpg 12081924.jpg


見つけました。反対方向の流れです。
12081925.jpg 12081926.jpg
進むと少しずつ大きくなっていきます。内心ほっとしました。
この下りはしょっぱなから舗装道路のようだった為ですが、
あんまりリラックスしすぎて一度コケました。(お約束)

そして、赤水沢 に合流です。
12081927.jpg 12081928.jpg
とはいえ、うさぎ滝 までは、数箇所難所があります。
12081930.jpg 12081931.jpg
12081929.jpg 12081932.jpg
結局、4回ほど、ザイルを使って下降しました。
が、知る人ぞ知る名渓。全ての場所に残置スリングがありました。
安全を確認して、ありがたく使わせていただきました。

天国の散歩道 後編 に つづく

関連記事

コメント

非公開コメント