2012/09/02

天国の散歩道 後編 天国の散歩道

自分的には今回の遡行の最大の難所で、懸垂下降最後。

うさぎ滝 (落差40m)
12081933_s.jpg
手持ちの30mザイルでは当然足りません。( 15mしか下降できません。)
いったん うさぎ の腰に降りてから再度懸垂下降で無事帰還できました。
さすが、知る人ぞ知る名渓、そこにも残置スリングがありました。ありがたや。
  写真をよく見ると、うさぎ の背中の方にステップが刻まれています。
   登りは四足で登れると思いますが、下降は無理です。



ちなみに、うさぎ の形、 わかりますよね?

 追 : うさぎ滝のひとつ上の滝で、ザックを背負う時に、
     ハーネスにぶら下げていた90cmテープスリング付きカラビナを、
     深い甌穴に落としてしまいました。悔しい。

いよいよここから、天国の散歩道
ザイルを片付けて、
ヘルメットも外して、
しばし スィーツ 休憩をして,
・・・・・泡の出る液体も・・・・・・うさぎ滝を降りるまで気が気でなかったというのが本音です
出発です。
12081934.jpg 12081935.jpg
どこまでも舗装道路ですが、注意して歩かないと甌穴にはまってしまいます。
とんでもない深さのものもあるようなのでなおさらです。
ドボンしたからといってなんてことはないんですが・・・
12081936.jpg 12081937.jpg
どこまでも舗装道路
12081938.jpg 12081939.jpg
どこまでも舗装道路
12081940.jpg 12081941.jpg
結構長かったですが、
渓谷美を堪能しながら足取りも軽く気持ちよく歩けました。

分岐地点に到着です。
12081943.jpg
ベンチにいる四人は、うさぎ を必死こいて懸垂している時に、
真下でおにぎりを頬張っていた方々です。
秋田市からいらしたそうです。
上品そうなオバサマは2回も もろにドボンしたそうです。
ウェーディングシューズが欲しいと頑張ってました。

達成感の勢いでくまげら保護センターまで足を伸ばしてみましたが、
閉まってました。
12081944.jpg

確か、くまげらの泉 と書いていたと思います。
森吉山からの伏流水で、湧き出る水は通年5℃だそうです。
12081945.jpg

16:00 森吉山野生鳥獣センター 到着。
また10時間近く歩いてしまいました。

この渓谷が一番華やぐ季節はこれからの紅葉シーズンだと思います。
またぜひ行ってみたいと思っています。納得できる桃洞滝の写真も
詳しくは、ここ桃洞渓谷赤水渓谷 をご覧ください。

こんなに身近な所に、こんなに素晴らしい渓谷があるんです。

関連記事

コメント

非公開コメント