2012/09/12

ナイフな話し

ここ で山行に持ち歩いている このナイフの話をした。

LeathermanJuice Cs4 (154g)
Juice_Cs4_01.jpg Juice_Cs4_02.jpg
「1983年世界で初めての「摘む、挟む」の機能を備えた画期的な
ポケットサバイバルツールを誕生させた」
という ウンチク で誕生した LeathermanPST

なんとなく好みではなかった・・・ただそれだけでしたが、
Leatherman は選択肢にはありませんでした。
最終的に Juice Cs4 に落ち着いた訳は、
(比較して)軽くて、(比較して)小さくて、ハサミが付いている。 でした。

そこで、ここまでの葛藤をご紹介します。

これが、歴代のナイフ達。
nife_01_s.jpg

最初に手にしたのが、
OPINELNo.7( Hi carbon Model )
opinel_01.jpg opinel_02.jpg
フライフィッシングをはじめた頃に手にして16年ぐらいになる。
1890年以来基本的なデザインを変えることなく作り続けられている、
フランスが世界に誇るポケットナイフ。重さはわずか40gに満たない。
ブレードの固定も根元のリングを回すだけというシンプルさの、
素朴な感じがする逸品。少しづつ短くなってきています。

ナイフと言ったらナイフ という勢いで、次に手にしたのが、
Buck knivesFolding Hunter 110 (ワンテン)と読むらしい
back110_01.jpg back110_02.jpg
1902年創業、1964年にこのナイフが発売されて以来、
フィールディングナイフの代名詞のような存在 ・・らしい
分厚い皮のケース込みで266gもあり、ズッシりとした手ごたえがある。
手にした瞬間、とてもザックの中に入れて歩くものでは無い、と確信した。
ふんだんに使われた真鍮も相まって、ア・メ・リ・カ・合・衆・国存在感抜群。

山業(行)にはやっぱり十徳ナイフと思考路線を変えた最初のナイフ
VictorinoxCamping なぜか キャンパー と呼ぶらしい (76g)
Camping_01.jpg Camping_02.jpg
数ある中から、植村直己氏愛用品だったというミーハー的動機で選択。
手にしっくりとなじむし、機能的にもなんの不満も無く携行していましたが、
ハサミが欲しくなって、今は机の上に鎮座しています。
時々小さい方のブレードで鉛筆けずってます。高額なアナログ鉛筆削りです。
マークからもお解かりのように、スイスの逸品。
あまりにもコピー商品が出回るので、スイス国旗を刻印したらしい。

Victorinox の造りの美しさに惚れ込んで、ハサミ、ついでに プライヤー も
で手にしたのが、
VictorinoxSwitzz tool_Spirit
swiss_01.jpg swiss_02.jpg
この微妙にカーブした輝きを放つ妖艶なボディーは、美しい の一言。
210gと重いながらも、この美貌は、ずっとお供してもらう覚悟をしていました。
が、肝心のナイフが、肝心のナイフが、床屋のカミソリっぽくて使いにくい。
+ 重いし ・・・・・・ 非常に残念。Victorinoxなんとかしてくれ

以上の紆余曲折をへて、LeathermanJuice Cs4 となる訳ですが、
不満が無いわけではない。やっぱりアメリカン的なところと言ったらいいのか
特に左右のハンドルの厚みが微妙に違うところは、
手にするたびに気になる。
また何か増えるような気がしないでもないが、今のところ候補は無い。

関連記事

コメント

非公開コメント