2014/05/19

姫神山

道中から眺めた山頂です。微妙です。
P5180498.jpg

城内登山口から登ります。 誰もいねぇ。
P5180501.jpg
はじまりはこんな感じです。広くて立派です。
P5180505.jpg
このコースは一番長いようですがこういった見所があることで選択。
御滝明音 水はありません。かつてはあったのでしょう。
P5180504.jpg

じわりじわりと勾配を増していきます。すでに汗だく。
P5180506.jpg

たたら石 とうい看板がありますがどれだかわかりません。
P5180508.jpg
帰宅後調べてみましたがどうもわかりませんでした。
関係ありませんが、
某店の たたら麺=辛いラーメン は連想できました。
ふぅーふぅーしながら食べるラーメンですね。

清水社
P5180510.jpg

虎ロープでおわかりにように、ここからはさらに傾斜が増していきます。
P5180514.jpg

よく見えませんが 小姫神
P5180515.jpg

とうとう、一時間ほどでどっかと腰をおろして休憩してしまいました。
お? 霧がでてきたな? と思ったら体からあがる湯気でした。
あれ?雨? と思ったら汗が衣服に滴ってました。

重い腰を持ち上げて歩き始めてまもなく、お目当てのひとつ
水石
P5180516.jpg
常に水が張られていたとか・・・かつては
P5180517.jpg

そして、
笠石  ぉー おもしろい おかげで元気がでてきました。
P5180519.jpg
カタクリがたくさん  眠ってました。 まだ7:30ですからね。
P5180521.jpg

いよいよ山頂です。見えています。
P5180522.jpg
P5180526.jpg
P5180528.jpg

到着 姫神山(1123m)
と同時に雲が沸いてしまいました。何も見えません。誰もいません。
祠に感謝して
P5180530.jpg
三角点を確認して
P5180531.jpg
寒いので熱いコーヒーを沸かして雲が切れるのを待ちます。
P5180534.jpg
それなりに人も沸いてきているうちに、パッっと視界が晴れました。
P5180542.jpg
山頂は切れていますが正面が岩手山。
頭の上にぎりぎりに漂っている雲を手で押し上げたくなります。
P5180539.jpg
P5180538.jpg
それにしてもどんどんと人が沸いてきます。さすが姫神山。
と思ったらこの日は山開きだったようで、
一本杉園地駐車場の右側はすでに満車。
これからまもなく左側の駐車場もどんどん埋まりつつありました。
P5180544.jpg
いや~危なかった。せっかくの山頂で芋洗い状態なんていやですからね。
でも手ぬぐいが欲しかった。

結構長居をしたあと、8:30下山です。
城内口の帰りもすごい人数が上がってきて挨拶のしっぱなしで疲れました。
駐車場からでるのに苦労しました。
20140518-1.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント