2014/07/23

真昼岳 - 音動岳 - 北ノ又岳

全工程が尾根歩きの楽しそうな登山で狙っていました。
P7210938.jpg
写真の左から右に向かって進みます。

峰越林道の県境が登山口。
20140721mahiru.jpg
登山口の少し手前の 延命水 で水を汲みました。
P7210942.jpg
AM7:10 車は2台あって、一組が登り始めていました。
P7210943.jpg
この小さな丘を登りきったところに街を見下ろすベンチがありました。
P7210945.jpg
一番奥の綺麗な三角錐が女神山で、その手前までを往復します。
P7210946.jpg

いきなりズルズルの急登でロープもお出迎えでした。
P7210954.jpg
P7210955.jpg

標識はありませんでしたが、北ノ又岳(996m)からの眺め。
P7210956.jpg
北の方角には和賀岳。 わずかに山頂が見えています。
P7210956b.jpg
南側進行方向。時々樹林の中を通りますが、ほとんどがこんな状態。
P7210958.jpg
南南西方向に雲のなかに見えるのが恐らく焼石岳。
P7210962.jpg
音動岳の山肌はけっこうワイルドです。
P7210966.jpg
急な斜面を登り切ってまもなく 音動岳(1006m)。 山頂への道は無いようです。
P7210974.jpg

そして進行方向。 だんだん近づいてきました。
P7210975.jpg
鞍部あたりから、最後の登りを見上げます。
P7210978.jpg
赤倉口からの道との合流地点から見上げます。
P7210980.jpg
山頂の三輪神社が見えてきました。
P7210981.jpg
P7210982.jpg

AM9:05  晴天。
P7210983.jpg
道はずっと女神山まで繋がっていますが、今日はここまでにしておいてやる。
P7210985.jpg

90分の山業でしたが休憩はいっちょまえに。
ビニールシートをガバッと広げて靴も脱いで・・・そうこうしているうちに
続々と人が沸いてきたので、慌てて謙虚な休憩にしました。
P7210987.jpg
小さな雲がぽっかりと浮かんでのどかな休憩のはずでしたが、
突然眼下から雲が沸いてきて、あっというまに一面真っ白。

それにカメラを構えた物好きは私だけではありませんでした。
P7210992.jpg
少し下ると下は快晴でした。不思議な光景を眺めながら帰ります。
P7210998.jpg
振り返ってみると、やっぱり。
P7211006.jpg

帰りは結構な数の登山者と行き違いました。人気があるようです。
P7211009.jpg
こうしてみると峰越林道は結構無理やり感があります。
P7211015.jpg
初めて和賀岳の全容が見えました。
P7211017.jpg

最後のロープ場の下りを過ぎて
P7211018.jpg
AM11:10 到着。
P7211020.jpg
蒸し熱いのも相まって全身びしょ濡れ。
クーラーボックスから冷たいオレンジをとりだしてガブ付きました。うまかった~

その後は、のんびりと近くの中里温泉に浸かって帰りました。
P7211024.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント