2014/07/30

焼石岳 ③

AM4:30 起床
新発田市からの12人の団体さんを含め16人も泊まったせいか、
部屋の中は暑くて 暖かくてシュラフ無しで熟睡してしまいました。
P7271162.jpg

外は濃霧、やや強い風。
P7271146.jpg
昨晩のホルモンの残り汁で生うどんを煮込んでテキパキと身繕いして
AM5:30 登り返します。 もう雨がまじっていました。

この先の雪渓は雨でつるつる。とても登れなくて大きく巻いてしまいました。
少しでも雪渓があるとわかっていたらアイゼン必携ですね。 教訓です。
P7271149.jpg
渡り終えたあとに ゼェゼェ 言いながら撮影
P7271150.jpg

こちらのコースの銀明水から山頂までほぼこんな感じか木道。
P7271153.jpg
P7271159.jpg
高度を上げるにしたがって風が強くなってきています。しかも何も見えない。
例の団体さんがいなければたぶん山頂はあきらめていたかも。

姥石平 分岐  (マウスを乗せると昨日の様子です)


泉水沼
P7271163.jpg
P7271165.jpg

最後の登り
P7271166.jpg
途中にあった横岳への分岐
P7271170.jpg
P7271172.jpg

そして、山頂。 すぐ下山。 ここからは本当に一人。 すっげぇ~不安
P7271174.jpg

「あ~れぇ~」なんて吹き飛ばされてたらシャレにならないので必死
P7271177.jpg
おまけに岩場の連続。 
ぴょんぴょん飛んでたらどこにいっちゃうかわからないので必死×2
で、岩肌をなめるようにクネクネと前進。とても他人に見られたくない状況。
P7271178.jpg

気が付いたら、焼石神社 どんだけほっとしたことか。
P7271179.jpg
ここからは往路で通った道なので精神的に落ち着きがでて、
強風の様子をごらんください。(余裕余裕) 音量注意

P7271183.jpg
高度を下げるごとに風は弱くなって、
P7271187.jpg
放牧地跡では、平和になって、
P7271189.jpg
あたりが明るくなってきて
P7271193.jpg
余裕がでてきたので、ざんげ坂経由で帰ります。
P7271194.jpg
P7271196.jpg

AM11:00 駐車場
途中ですれ違った若い3人組には強風の話はしました。
P7271199.jpg

帰りに寄った なるせ温泉・東仙歩 扉を開けてびっくり
誰もいなかったので裸でカメラを構えてみました。
部屋の半分近くをこの岩のオブジェが占領しています。
一応小さな湯船が二つありましたが。
P7271200.jpg
あとから数人が入ってきましたが、初めての人は必ず一瞬固まってました。

20140726Yakeisidake.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

yogoさん アチコチいかれてますね。

以後に続く記録として参考なります。最近では友人が北八甲田の反対側の南八甲田、櫛が峰を登ろう!というのですが、かなりの藪地獄と長い距離で・・考え中です。オマケに昨日、足のくるぶしを傷め養生中です。

Re: yogoさん アチコチいかれてますね。

saito さん 確かにやりすぎかも。
とにかく青森秋田岩手は埋めてみたいもんで。