2017/01/23

大沢温泉 湯治屋

これがなんだかわかるあなた。
P1210008.jpg
年寄りです。

このくらい古い宿で温泉のはしごをしてきました。

パッと見は趣のある宿だなと思ったら、
P1210001.jpg

実際は、ほんとに古い古い温泉宿でした。 大沢温泉 湯治屋。
P1210023.jpg


こんなにたくさんの人が入って大丈夫なのか? 
と心配してしまうくらいの客で賑わっていました。
P1210016.jpg

床は波打ってます。 客室は外部に面していません。
部屋と廊下は障子一枚でセキュリティもへったくれもありません。
館内は案内板がたくさんあるため、
迷子になることはありませんが、今いる所がわからなかったりしました。
P1210015.jpg

自炊場ですが、自炊をしている人はいませんでした。
P1210010.jpg

さて、肝心の風呂です。
内湯 薬師の湯(男・女)、半露天 豊沢の湯(男・女)、露天 かわべの湯(女)
露天 大沢の湯(混浴)、こんなにあります。
P1210004.jpg

気合を入れていきます。
まず、薬師の湯。 階段を下りた穴のような場所にある湯です。
手前が熱くて、奥がちょうどよかったです。
至る所タイルがはがれていて、趣があります。
P1210012.jpg

豊沢の湯。 冬以外はこの建具が無いようです。
立ってへそより上の深さがあります。 湯は快適。
P1210017.jpg

そして、露天 大沢の湯へ、延々と歩きます。
P1210006.jpg
P1210007.jpg
この階段を下りて扉を開けると直接露天風呂。
P1210009.jpg
脱衣は風呂の脇でしますorz・・・ ってここは混浴ですが。
しかもこのおおらかさ。 あの橋の上から見ると、
P1210020.jpg
写真の右下ですが、なにか。
P1210024.jpg
熱めの湯だったので、
少し自慢げに、湯船の脇に腰掛けながら掛け湯をして過ごしました。

3つも湯のはしごをしたので、館内の食堂で体を鎮めました。
P1210021.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント