2009/07/29

古民家再生 - 茂屋の家 090729

本日は、まとまった雨にもかかわらず、
外部では、浄化槽の設置や給排水管の接続の為に、
土木機械や、土砂運搬のトラックが動き廻り、
おまけに、給湯や暖房などの大型器機の搬入の為の、
トラックが出入りしたりして、久々に騒々しい現場です。





・・・・・・・が、

続きを読む

2009/07/25

古民家再生 - 茂屋の家 090725

いよいよ「茂屋の家」も最終的な仕上段階。

左官職と塗装職人が入り乱れている状態ですが、
大きな音を出す機械もなく、粛々とした現場です。
09072101.jpg 09072501.jpg

この家では様々なことを勉強させてもらいました。
正直なところ、自分自身、
この家の最終的な姿がしっかりとイメージできないままのスタートでしたが、
09072502.jpg
土壇場で、確信をもったことは、
なにもかも、小奇麗にしてしまうことでは無く、
年輪を重ねたこの家の雰囲気を、
保つこと、残すこと。

最新の住宅としての性能を十分に確保した上で、
完成した時点で、もうすでに何年も前から、
存在したかのような風格を残すこと、

独りよがりの判断だったかどうかは、
施主の判断しだいですが・・・・・・・・
2009/07/09

古民家再生 - 茂屋の家 090709

工事の進行とともに、
整然とした雰囲気が感じられてきています。
09070901.jpg
とにかく、予定外のことが度々発生してくる為、
通常であれば一回で済んでしまう職人さんたちにも、
ちょっとしたことで、何度も足を運んでもらってしまっています。

今回は勘弁願いたいと思います。
2009/07/08

古民家再生 - 茂屋の家 090708

AM 9:00
「毛馬内 三ノ丸の家」の現場からの移動中に襲われた、
集中豪雨。
09070801.jpg

続きを読む

2009/07/06

古民家再生 - 茂屋の家 090706

この家の四方に広がる風景。
09070601.jpg
これをあえて小さく切り取って眺める。
09070602.jpg 09062301.jpg

元々2階が無い家に2階を造っているので、
どうしても大きい窓が取れないのが現実ですが、
この小さな額縁の中の絵は、格別なものがあります。

続きを読む

2009/06/30

古民家再生 - 茂屋の家 090630

いよいよ、内部の工事。

屋根の工事が一段落したことを見計らったかのように、
屋根断熱工事。
09063001.jpg 09063002.jpg
高性能グラスウール16Kを厚さ30cm・・・は、当初の設計通りですが、
さらに、遮熱透湿防水シートを先に施工しています。
09063003.jpg

そんな内部での苦闘をよそに、
外の風景は、平穏になってきています。
09063005.jpg 09063004.jpg
2009/06/29

古民家再生 - 茂屋の家 090629

いつから始まったか忘れてしまいましたが、
やっと屋根頂部です。
09062901.jpg
屋根工事の基本は水下からですから、
やっと終盤ということです。

とはいうものの、
ここからまた一細工があります。
これから始まる工事は、
こちら の後半にあるような、工事です。

建物全体の余分な熱と湿気を逃がす大切な工程です。
2009/06/26

古民家再生 - 茂屋の家 090626

着々と工事は進んではいますが・・・・
09062604.jpg 09062603.jpg
継続の工事のみの為、
とりたてて説明するネタがいまひとつ・・・・
09062601.jpg 09062602.jpg



2009/06/25

古民家再生 - 茂屋の家 090625

相変わらず、板金工は、悪戦苦闘中。
09062501.jpg 09062502.jpg
増員された大工さんたちは、それぞれにちらばって、
それぞれにこなしている為、
確認作業が大変。
09062503.jpg 09062504.jpg
西面の杉下見板。
2009/06/23

古民家再生 - 茂屋の家 090623

雨が降ったりやんだり、強い日差しが射したりですが、
板金工事が進んでいます。
09062303.jpg 09062304.jpg
いつもお願いしている板金屋さんですが、
見慣れない職人さんが、ややこしそうな部分を施工しています。

社長が、引退したベテラン職人を連れてきてくれたそうです。
09062305.jpg

続きを読む