2016/01/10

鹿の湯

途中のリゾートゾーンには目もくれず、ただただ温泉に浸かりにいってきました。

開湯1300年の歴史 鹿の湯 
P1030229.jpg
41~48℃の6つの湯船(男湯)が特徴ですが、41と42度で限界でした(汗)。 
湯船に浸かっている人より、
湯船のまわりに腰をおろしてくつろいでいる人のほうが多いという、
不思議な光景でした。
まったりとした空間を堪能してきました。。
詳しくは、こちら 。
石鹸、シャンプー使用禁止のようです、っていうか、洗い場はありません。

続きを読む

2014/05/11

薬研の湯

下北に行って、どうしても外せなかったもうひとつのもの
P5030136b.jpg
写真は有料の(といっても200円) 夫婦かっぱの湯 前の像。

ですが、目当ては かっぱの湯 無料
P5030298.jpg
P5030294b.jpg
秘湯、野湯ファンにとっては有名らしいです。
今は屋根(庇?)まで架けられ、申し訳程度の目隠しもあります。
P5030297.jpg
この湯を堪能する前に気になる遊歩道があったので行ってみました。

続きを読む

2013/01/06

銀山温泉

大正ロマン漂う湯の街・・・・・
13010101.jpg
とはいうものの、ノスタルジックをまとった近代的な City でした。
人気があるらしく観光客がごったがえしていました。

かえって疲れてしまったような・・・・


2012/04/13

古遠部温泉

ブログ等で、神秘の湯、秘湯の湯と賞賛されていているもんだから、
行ってみました。
12041201.jpg 12041202.jpg 12041203.jpg
本当にこじんまりとした一軒宿です。
もちろん携帯電話は繋がりません。

お湯は最高です。
小心物なので、お風呂の写真はありませんが、
検索するとすぐでてくると思います。

ヒバの浴槽、床らしいのですが、
分厚いお湯の析出物でコーティングされている為、全くわかりません。
浴槽には、ドバダバと源泉が注がれて、
あふれでたお湯で洗い場は大洪水です。
そこに、常連さんらしきトドが何頭か横たわっていました。

写真の2,3枚めがその捨てられているお湯です。

まだまだあるもんですね。いい温泉。

さらに、
浴室までの床や階段はギシミシ、
ボットン○○ + 消臭ボールの香り付き。
至れり尽くせりの演出です。

リフレッシュしてきました。